住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!

住宅ローンや固定資産税の支払いが苦しく、
このままだと、滞納してしまいそうで心配でなりません。
そこで、住宅ローンの借り換えで家計を改善したいのですが、
借り換えのメリットや注意点について教えてください。

 

マイホームを購入し住宅ローンを申し込んだとき、
その当時の金利状況から判断して、変動または固定金利、
返済期間や借入金額を、決めたことと思います。

 

しかしながら、例えば10年も経てば、
経済状況も様変わりし、家計も悪化したり、
金利も大きく変動したりするわけです。

 

下のグラフをご覧ください。

 

 

このグラフは、長期金利(10年物国債利回り)と、
大手都市銀行の長期固定型の新規借入金利と借換金利を比較しています。

 

一般的に、金利は景気が良くなれば上昇し、
景気が悪くなれば、下落する傾向にあります。

 

2007年頃までは、高めに推移していましたが、
2008年のリーマンショックを境に下落傾向に入り、
最近では、アベノミクスによる異次元緩和によって、
さらに、金利は下落している状況にあります。

 

一方で、住宅ローンの方も長期金利に引きづられる形で、
下落傾向にあることがわかるかと思います。
つまり、10年前に長期固定型住宅ローンを組むのと、
今現在に組むのとでは、金利差で0.5~1%弱、
変動金利に切り替えれば、さらにもっと安くなってくるわけです。

 

住宅ローン借り換えには、費用がいくらかかるの?

住宅ローンを借り換えするには、新しい金融機関に対して、
初めから、住宅ローンを申込むことになるので、
マイホーム購入時と同じように、下記の手数料が発生します。

①事務手数料(3~5万円)
②収入印紙代(金額は住宅ローン残高によるが、2万円ほど)
③抵当権登記に関連する登録免許税(借り換え残高の0.4%)
④司法書士手数料(6~10万円ほど)
⑤保証料

 

以上のような手数料がざっと数十万円かかるため、
借り換えに二の足を踏む方も多いのですが、
実は、この借り換え手数料も、新しい借り換えローンを組む際に、
借り換え残高に上乗せして借り入れることができるので、
手元資金が少なくても、特に心配はいりません。

 

住宅ローンの借り換えは、しっかりとした返済シミュレーションをしてから!

一般的に、住宅ローンの借り換えメリットは、
借入残高1000万円以上、金利差1%以上、残存期間10年以上あれば、
金利負担の軽減が見込まれると、言われてきましたが、
最近では、ネット銀行の参入や住宅ローン商品の多様化によって、
借入残高や金利差がそれほどなくても、
十分に、借り換えメリットを享受できるようになってきています。

 

ただし、やはり個人個人で当初の借入条件や、
住宅ローン返済計画など異なってきますので、
慎重に、借り換えシミュレーションをした上で、
住宅ローンの借り換えを進めていくのがいいかと思います。

 

最近では、iPhoneアプリで簡単にローン計算ができるようになっています。
借り換えを決める前に、是非シミュレーションしておきましょう。

 

おすすめiPhoneアプリはこちらから

 

ちなみに、アベノミクスによる金融緩和によって、
金融機関同士の金利引き下げ競争が激しくなって、
我々、住宅ローンを借り入れる者にとっては嬉しいのですが、
金融機関によって、金利、返済期間や借入可能額も異なり、
逆に、どこの金融機関を選べばいいか悩む方も多いです。

 

だからといって、複数の金融機関に住宅ローンの申込みをしても、
住宅ローンの審査に1か月もかかることもあるため、
特に、資金繰りが厳しい方にはそんなに時間的余裕がないと思います。

 

ところが、最近では住宅ローンの一括審査が、無料で申込みできるようになってきています。
しっかりと、借り換え条件を比較・検討した上で、
より良い条件で、住宅ローン借り換え手続きを進めましょう。

 

なお、審査にあたっては、入力項目が100箇所以上あり、
一から入力することに大変骨が折れるかと思われますが、長くても1時間くらいの我慢です。
我慢するだけで、この先数百万円も節約できるなら安いものです。
是非、一括審査申込みにチャレンジしてみましょう!

 

2014年8月17日記事作成

 

目的別に記事を探す

土地の固定資産税を節税したい方

固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
道路非課税で、固定資産税を安くしよう!!
実測課税で、固定資産税を安くする!!
土地の地積が登記簿より実測が小さい場合、過去5年間に遡って還付を受けられますか?
店舗兼住宅は、ビフォーアフターのように用途変更で、土地の税金が安くなります。
別画地認定で、側方路線影響加算・二方路線影響加算適用をはずし、固定資産税の減額を狙おう!!
隣地を買い足した場合、固定資産税はどうなりますか?
マイホームを購入する予定の方
持ち家を宅地分譲で購入するなら、計画的に選んで、固定資産税を節税しよう!!
二世帯住宅を建築して固定資産税を節税しよう!
土地所有者(地主)の方
都市部に持っている農地は、耕作を続けるべきでしょうか?
農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?
農地転用して、賃貸住宅を建てたら、税が軽減されます。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
駐車場は、アスファルト舗装によって固定資産税が増えることがあります。

家屋の固定資産税を節税したい方

新築住宅にかかる固定資産税(家屋)の減額措置
住宅耐震改修に伴う固定資産税減税制度
住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税減税制度
熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減税制度

固定資産税の滞納でお困りの方

固定資産税を滞納した場合の差し押さえについて教えてください。
会社の倒産や自己破産によって、固定資産税は免責になるのですか?
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
住宅ローンを滞納し、競売申立になったらどうなるのでしょうか。

遺産相続や相続税の納税でお困りの方

親が亡くなったけど、相続登記した方がいいの?
空き家を所有しているのですが、維持管理に困っています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

土地活用を希望される方

賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由

不動産の売買を希望される方

マイホーム購入に関する費用について
所得税・住民税による住宅ローン減税について
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
家屋を解体したら、土地の税額はどれくらい増えますか?
建替えをする場合は、持ち家は年内につぶした方がいいの?
不動産を売却した時の税金について教えてください。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について

住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!関連ページ

全国地価マップで、固定資産税路線価を調べてみよう!
全国地価マップは、固定資産税路線価をはじめとした公的評価の価格が、一目でわかります。 ここでは、全国地価マップの見方をお教えいたします。
固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
固定資産税評価額は、さまざまな税に関係しています。相続税、不動産取得税及び登録免許税において、固定資産税評価額がどのように活用されているか、解説しています。
分譲マンションの建替えと建替え特例について
昨今問題となっている分譲マンションの建替えについて、建替え円滑化の制度と、固定資産税の建替え特例制度について解説しています。
東日本大震災における固定資産税の被災住宅用地等特例について
この記事では、東日本大震災で被災された方向けの固定資産税優遇措置について解説しています。
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
住宅取得のための資金が、両親や祖父母などの直系尊属から贈与された場合に、贈与税が非課税適用される制度を解説しています。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
ここでは、土地区画整理事業の流れと、 事業期間中の固定資産税の評価方法等について、 説明しています。
復興支援・住宅エコポイント制度について
ここでは、2011年(平成23年)7月で、いったん打ち切られて、新たに東日本大震災支援に重点を置いて、復活した住宅エコポイント制度について解説しています。
再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の軽減措置について
ここでは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度及びその発電設備に係る固定資産税の軽減措置について、詳しく解説しています。
消費税増税と住宅購入のタイミングについて
ここでは、2014年4月及び2015年10月に消費税が増税されるにあたって、増税前に住宅を購入すべきか、税制の変更を踏まえながら、詳しく解説しています。
所得税・住民税による住宅ローン減税について
ここでは、消費税増税による住宅購入負担の軽減を図るための所得税・住民税による住宅ローン減税について、詳しく解説しています。
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
ここでは、住宅ローンを使わずに自己資金で、住宅購入及び改修した場合に適用される所得税の特別控除制度について詳しく解説しています。
ここがポイント!固定資産税の平成27年度評価替え
この記事では、3年に1度の評価替え年度にあたる平成27年度における固定資産税評価替え(土地・家屋)について、詳しく解説しています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
ここでは、少子高齢化・人口減少時代において急増する空家対策について国レベルでの動きとして、空家等対策の推進に関する特別措置法案について、詳しく解説しています。