土地区画整理事業と固定資産税の関係について

土地区画整理事業を行うと、
それまで、宅地や農地が雑然としていて、土地の利用がしにくい状況から、
土地の区画が整然となり、道路や公園なども都市計画施設が設置されるなど、
土地の利用価値が大幅に上がります。

 

 

また、昨年の東日本大震災など、地震や津波によって、
広範囲にわたって土地が被災した場合にも、
被災地復興事業として、土地区画整理事業が活用されています。

 

そこで、ここでは土地区画整理事業の流れや、
固定資産税がどういう扱いを受けるのか、説明していきたいと思います。

 

土地区画整理事業の流れ

土地区画整理事業とは、都市計画区域内の土地について、公共施設の整備改善及び宅地の利用の増進を図るため、土地の区画形質の変更及び公共施設の新設又は変更に関する事業を言います。(土地区画整理法第2条)
公共施設が不十分な区域では、地権者からその権利に応じて少しずつ土地を提供してもらい(減歩)、この土地を道路や公園などの公共用地に充てる一方で、事業費を賄うために、保留地として新たに土地を売り出しています。

 

次に、一般的な土地区画整理組合施行の流れを見てみると、

 

①地元住民とのまちづくり案の検討

②都市計画決定

③施行規定・定款・事業計画の決定

④土地区画整理組合員の総会の設置
ここで、換地計画や仮換地指定等について議決されます。

⑤仮換地指定
土地区画整理事業は、比較的長い期間を要するため、換地処分が行われるまでの間、使用収益ができるようにするため、施行者が各地権者に対して、換地の位置や範囲を仮に指定することができます。(同法第98条)
仮換地の指定がされると、仮換地を従前地と同じように利用できる一方で、従前地の使用収益ができなくなります。(同法第99条第1項)
ただし、仮換地の使用収益を開始することができる日を仮換地の指定の効力発生日と別に定められた場合には、その日までは仮換地を使用収益することができません。(同法第99条第2項)

⑥使用収益開始
これ以後、都道府県知事に申請し、許可を受ければ、仮換地上に店舗や住宅を建築できるなど、土地の使用収益が可能となります。(同法第76条)


⑦換地処分

⑧換地処分に伴う登記
従前地上の権利が換地上に移行します。

⑨清算金の徴収・交付

⑩事業の完了

 

土地区画整理事業期間中の固定資産税

さて、次に土地区画整理事業期間中において、
固定資産税の評価がどうなるか説明しましょう。

 

上記のフロー図で、太文字にしたところが、
固定資産税に関係します。

 

②都市計画決定
よくある例としては、市街化調整区域だった山林や農地を、
市街化区域編入した上で、計画的に宅地造成する事例が挙げられます。
この場合、市街化区域に編入されることによって、
固定資産税評価額が著しく上昇するほか、
都市計画税の納税義務が発生することになります。

 

ただし、市街化区域農地を計画的に宅地造成する場合は、
市街化編入されてから、最初3年間、税額の10分の9減免、
後の1年間、税額の3分の2減免される措置が講じられています。(地方税法附則第29条の5)

 

⑤仮換地指定・⑥使用収益開始
土地区画整理事業等の施行に係る土地については、
仮換地等の指定があった場合には、
当該土地について使用し、又は収益できることとなった日から換地処分の公告がある日又は換地計画の認可の公告がある日までの間は、
当該仮換地等に対応する従前の土地について、
土地登記簿又は土地補充課税台帳に登記又は登録されている者をもって、
仮換地等の所有者とみなし、固定資産税を課することができる「みなし所有」の措置が講じられています。(同法第343条第6項)
たいていのケースでは、仮換地指定がいったんされるものの、
事業が長くなるため、仮換地指定日と使用収益開始日は時期がずれます。
その結果、実務では、使用収益が開始されるまでは、従前地の評価のまま、
使用収益が開始されれば、従前地の評価を止めて、仮換地での評価に切り替えています。
この場合、従前地は、事業の進行によって、現況が大きく変わっていますが、
課税地目を変更するということはしていません。

 

⑧換地処分に伴う登記
換地処分によって、従前地上の権利が換地上に移行します。
固定資産税では、従前地評価・仮換地評価が終了し、
新しく換地された土地で、評価が始まります。

 

参考サイト・・・
国土交通省 都市・地域整備局 市街地整備課ホームページ

 

2012年1月22日記事作成

目的別に記事を探す

土地の固定資産税を節税したい方

固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
道路非課税で、固定資産税を安くしよう!!
実測課税で、固定資産税を安くする!!
土地の地積が登記簿より実測が小さい場合、過去5年間に遡って還付を受けられますか?
店舗兼住宅は、ビフォーアフターのように用途変更で、土地の税金が安くなります。
別画地認定で、側方路線影響加算・二方路線影響加算適用をはずし、固定資産税の減額を狙おう!!
隣地を買い足した場合、固定資産税はどうなりますか?
マイホームを購入する予定の方
持ち家を宅地分譲で購入するなら、計画的に選んで、固定資産税を節税しよう!!
二世帯住宅を建築して固定資産税を節税しよう!
土地所有者(地主)の方
都市部に持っている農地は、耕作を続けるべきでしょうか?
農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?
農地転用して、賃貸住宅を建てたら、税が軽減されます。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
駐車場は、アスファルト舗装によって固定資産税が増えることがあります。

家屋の固定資産税を節税したい方

新築住宅にかかる固定資産税(家屋)の減額措置
住宅耐震改修に伴う固定資産税減税制度
住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税減税制度
熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減税制度

固定資産税の滞納でお困りの方

固定資産税を滞納した場合の差し押さえについて教えてください。
会社の倒産や自己破産によって、固定資産税は免責になるのですか?
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
住宅ローンを滞納し、競売申立になったらどうなるのでしょうか。

遺産相続や相続税の納税でお困りの方

親が亡くなったけど、相続登記した方がいいの?
空き家を所有しているのですが、維持管理に困っています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

土地活用を希望される方

賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由

不動産の売買を希望される方

マイホーム購入に関する費用について
所得税・住民税による住宅ローン減税について
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
家屋を解体したら、土地の税額はどれくらい増えますか?
建替えをする場合は、持ち家は年内につぶした方がいいの?
不動産を売却した時の税金について教えてください。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について

土地区画整理事業と固定資産税の関係について関連ページ

全国地価マップで、固定資産税路線価を調べてみよう!
全国地価マップは、固定資産税路線価をはじめとした公的評価の価格が、一目でわかります。 ここでは、全国地価マップの見方をお教えいたします。
固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
固定資産税評価額は、さまざまな税に関係しています。相続税、不動産取得税及び登録免許税において、固定資産税評価額がどのように活用されているか、解説しています。
分譲マンションの建替えと建替え特例について
昨今問題となっている分譲マンションの建替えについて、建替え円滑化の制度と、固定資産税の建替え特例制度について解説しています。
東日本大震災における固定資産税の被災住宅用地等特例について
この記事では、東日本大震災で被災された方向けの固定資産税優遇措置について解説しています。
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
住宅取得のための資金が、両親や祖父母などの直系尊属から贈与された場合に、贈与税が非課税適用される制度を解説しています。
復興支援・住宅エコポイント制度について
ここでは、2011年(平成23年)7月で、いったん打ち切られて、新たに東日本大震災支援に重点を置いて、復活した住宅エコポイント制度について解説しています。
再生可能エネルギー発電設備に係る固定資産税の軽減措置について
ここでは、再生可能エネルギーの固定価格買取制度及びその発電設備に係る固定資産税の軽減措置について、詳しく解説しています。
消費税増税と住宅購入のタイミングについて
ここでは、2014年4月及び2015年10月に消費税が増税されるにあたって、増税前に住宅を購入すべきか、税制の変更を踏まえながら、詳しく解説しています。
所得税・住民税による住宅ローン減税について
ここでは、消費税増税による住宅購入負担の軽減を図るための所得税・住民税による住宅ローン減税について、詳しく解説しています。
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
ここでは、住宅ローンを使わずに自己資金で、住宅購入及び改修した場合に適用される所得税の特別控除制度について詳しく解説しています。
ここがポイント!固定資産税の平成27年度評価替え
この記事では、3年に1度の評価替え年度にあたる平成27年度における固定資産税評価替え(土地・家屋)について、詳しく解説しています。
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
この記事では、住宅ローンや固定資産税の支払いが難しくなり滞納のおそれが出た場合において、住宅ローンの借り換えによって、家計を好転させる方法について詳しく解説しています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
ここでは、少子高齢化・人口減少時代において急増する空家対策について国レベルでの動きとして、空家等対策の推進に関する特別措置法案について、詳しく解説しています。