住宅分譲と位置指定道路について

位置指定道路や開発道路のことを、
知っている方はどれくらいいるでしょうか?

 

用語の定義は知らなくても、
ほとんどの方は、毎日どこかで、これらの道路を見ていると思います。

 

例えば、位置指定道路とは、こんな道路を言います。

 

 

 

たいていは、大きな面積を持つ農地や工場跡地で、
宅地分譲するときに、このような道路を新しく作ります。

 

なぜ、このような道路を作るかといえば、
もちろん、道路がなければ、
中に入ることができないことも1つの理由ですが、
さまざまな道路の類型を理解し、接道義務を守りましょう!
という記事でも、説明しましたように、
家を建てるときには、建築基準法上の接道義務を守る必要があるので、
このような道路を作るわけです。

 

そして、この位置指定道路は、
特定行政庁(自治体)から決めた基準を満たさなければ、
接道義務を果たすことができないので、
マイホーム購入希望者の方は、
是非、位置指定道路や開発道路について理解しておきましょう。

 

位置指定道路とは

建築基準法第42条第1項第5号には、
「土地を建築物の敷地として利用するため、
道路法、都市計画法、土地区画整理法、都市再開発法、
新都市基盤整備法、大都市地域における住宅及び
住宅地の供給の促進に関する特別措置法
又は密集市街地整備法によらないで築造する政令で定める基準に適合する道で、これを築造しようとする者が、特定行政庁からその位置の指定を受けたもの」と規定されています。

 

これが「道路の位置の指定」で、通称「位置指定道路」と言われています。

 

なお、道路の位置の指定を受けるために、
以下のような基準に沿う必要がありますが、
自治体によって異なる場合があるので注意が必要です。

 

・道路の長さ
・幅員
・自動車の転回広場
・すみ切り
・道路の構造
・舗装の状況
・雨水の排水施設

 

上記の基準をよく確認していただき、
上の写真や下の写真をご覧ください。

 

 

幅員は4m強ぐらいでしょうか。

 

道路の長さは割と短い方なので、
この分譲地では、特に転回広場は設けられていないようです。

 

すみ切りについては、
ご覧いただくとわかりますが、自動車の出入りがスムーズにいくように、
出入口が、緩やかにすみ切りがされています。

 

また、道路の舗装についても、
外の公道と変わらないようになっています。
たまに、業者が手抜きをして、
舗装をしないで、砂利道になっていることがありますが、
ここは大丈夫ですね(笑)

 

側溝については、ここはL字側溝となっていて、
外のU字側溝に流れる仕組みになっています。
これも、最近の分譲地ではよくあるケースです。

 

以上のように、最近指定を受けた道路は、
ほとんど申請通りに造られているので、
現況のほか、指定番号や指定年月日を見れば、
位置指定道路であるか、確かめることができます。

 

しかし、昭和40年代以前ぐらい古くなると、
実際の道路と申請内容に違いがあったり、
建て替え後に敷地と道路の境界がずれてしまっている場合もあるので、
注意が必要です。

 

最後に、開発道路との違いですが、
分譲開発の面積が500㎡を超えると、
都市計画法上の開発許可が必要となり、
この場合、道路も「位置指定道路」ではなく、
「開発道路」となります。(法第42条第1項第2号)
また、道路管理も、個人の手から離れて、
市町村に移管されて、公道となることが多いです。

 

一方で、500㎡未満の小規模開発の場合は、位置指定道路となり、
道路管理も、個人が負担することとなり、
固定資産税の納税義務も発生します。

 

ただ、市町村によっては、評価額の減価補正や、
減免措置を行っているところもあるので、
興味があれば、一度当該市町村に問い合わせてみましょう。

 

 

2012年11月15日記事作成

目的別に記事を探す

土地の固定資産税を節税したい方

固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
道路非課税で、固定資産税を安くしよう!!
実測課税で、固定資産税を安くする!!
土地の地積が登記簿より実測が小さい場合、過去5年間に遡って還付を受けられますか?
店舗兼住宅は、ビフォーアフターのように用途変更で、土地の税金が安くなります。
別画地認定で、側方路線影響加算・二方路線影響加算適用をはずし、固定資産税の減額を狙おう!!
隣地を買い足した場合、固定資産税はどうなりますか?
マイホームを購入する予定の方
持ち家を宅地分譲で購入するなら、計画的に選んで、固定資産税を節税しよう!!
二世帯住宅を建築して固定資産税を節税しよう!
土地所有者(地主)の方
都市部に持っている農地は、耕作を続けるべきでしょうか?
農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?
農地転用して、賃貸住宅を建てたら、税が軽減されます。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
駐車場は、アスファルト舗装によって固定資産税が増えることがあります。

家屋の固定資産税を節税したい方

新築住宅にかかる固定資産税(家屋)の減額措置
住宅耐震改修に伴う固定資産税減税制度
住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税減税制度
熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減税制度

固定資産税の滞納でお困りの方

固定資産税を滞納した場合の差し押さえについて教えてください。
会社の倒産や自己破産によって、固定資産税は免責になるのですか?
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
住宅ローンを滞納し、競売申立になったらどうなるのでしょうか。

遺産相続や相続税の納税でお困りの方

親が亡くなったけど、相続登記した方がいいの?
空き家を所有しているのですが、維持管理に困っています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

土地活用を希望される方

賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由

不動産の売買を希望される方

マイホーム購入に関する費用について
所得税・住民税による住宅ローン減税について
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
家屋を解体したら、土地の税額はどれくらい増えますか?
建替えをする場合は、持ち家は年内につぶした方がいいの?
不動産を売却した時の税金について教えてください。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について

住宅分譲と位置指定道路について関連ページ

さまざまな道路の類型を理解し、接道義務を守りましょう!
ここでは、土地を購入したり、活用したりするにあたって、道路について知っておくべき知識をお伝えしています。
建築基準法第42条第2項道路の道路後退について
ここでは、建築基準法第42条第2項道路と建物の建て替え時におけるセットバック(道路後退)について解説しています。
マイホーム購入に関する費用について
この記事では、マイホーム(戸建て)を購入するにあたって、必要な土地購入費用などについて詳しく解説しています。
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
ここでは、土地活用の一環として、賃貸住宅を経営する上で必要なテナントリテンションの考え方などを解説しています。
住宅を建築するときは、地盤調査を必ず行ないましょう。
この記事では、マンションと比べて、あまり行われていない戸建住宅に対する地盤調査の重要性と、その調査方法について詳しく解説しています。
建築基準法第43条但し書き道路の注意点について
ここでは、建築基準法第43条但し書き道路に接道する土地を購入する場合の注意点について、詳しく解説しています。
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
この記事では、家屋の解体にかかる費用や家屋を解体する上で必要な手続き(業者選び、挨拶回り、解体工事、建物滅失登記等)について詳しく解説しています。
不動産を売却した時の税金について教えてください。
この記事では、不動産を売却した時の譲渡所得に対して発生する所得税について、税金の仕組みや申告方法等を詳しく解説しています。
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について
この記事では、マイホームを売却して損失が発生した場合において、特定居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の特例について詳しく解説しています。
マイホームを上手く売却するコツについて(前編)
この記事では、マイホームを売却することになった場合に、上手く売却する方法について、売り主側の心構えに焦点を当て、住宅の内覧、メンテナンス及びリフォームの重要性に触れながら詳しく解説しています。
マイホームを上手く売却するコツについて(後編)
この記事では、マイホームを売却することになった場合に、上手く売却する方法について、賢い不動産売却戦略に触れながら詳しく解説しています。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
この記事では、自分の住んでいる自宅を売却した場合に受けられる「居住用財産の譲渡所得の特例」について、詳しく解説しています。
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について
この記事では、平成28年度税制改正によって創設された「空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例」について、詳しく解説しています。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
本特集記事では、土地活用に悩む土地所有者の方向けに、高齢者住宅を建設すべき3つの理由をお伝えしております。