目的別に記事を探す

土地の固定資産税を節税したい方

固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
道路非課税で、固定資産税を安くしよう!!
実測課税で、固定資産税を安くする!!
土地の地積が登記簿より実測が小さい場合、過去5年間に遡って還付を受けられますか?
店舗兼住宅は、ビフォーアフターのように用途変更で、土地の税金が安くなります。
別画地認定で、側方路線影響加算・二方路線影響加算適用をはずし、固定資産税の減額を狙おう!!
隣地を買い足した場合、固定資産税はどうなりますか?
マイホームを購入する予定の方
持ち家を宅地分譲で購入するなら、計画的に選んで、固定資産税を節税しよう!!
二世帯住宅を建築して固定資産税を節税しよう!
土地所有者(地主)の方
都市部に持っている農地は、耕作を続けるべきでしょうか?
農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?
農地転用して、賃貸住宅を建てたら、税が軽減されます。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
駐車場は、アスファルト舗装によって固定資産税が増えることがあります。

家屋の固定資産税を節税したい方

新築住宅にかかる固定資産税(家屋)の減額措置
住宅耐震改修に伴う固定資産税減税制度
住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税減税制度
熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減税制度

固定資産税の滞納でお困りの方

固定資産税を滞納した場合の差し押さえについて教えてください。
会社の倒産や自己破産によって、固定資産税は免責になるのですか?
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
住宅ローンを滞納し、競売申立になったらどうなるのでしょうか。

遺産相続や相続税の納税でお困りの方

親が亡くなったけど、相続登記した方がいいの?
空き家を所有しているのですが、維持管理に困っています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

土地活用を希望される方

賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由

不動産の売買を希望される方

マイホーム購入に関する費用について
所得税・住民税による住宅ローン減税について
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
家屋を解体したら、土地の税額はどれくらい増えますか?
建替えをする場合は、持ち家は年内につぶした方がいいの?
不動産を売却した時の税金について教えてください。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について

固定資産税制度(土地)記事一覧

さて、具体的に、どのように土地の固定資産税が算出されるか、見ていきましょう♪地域ごとの評価の特性もあるのですが、ここでは、主に、一般的な市街地で適用されている市街地宅地評価法を見ていきます。市街地宅地評価法とは、簡単にいえば、路線価で評価する方法です。ちなみに、新聞でよく目にする路線価は、国税庁が発...

前項では、路線価の付設まで説明しました。ただ、算出したのは、あくまでも標準的な路線価です。個々の土地の事情は考慮されていません。そこで、国では、固定資産評価基準で、奥行補正、間口狭小補正など各土地に内在する価格形成要因を補正する措置を設けています。評価基準では、別表第3の画地計算法で、各種補正の基準...

さて、適用する路線価も決まり、土地の画地補正もできました。では、固定資産評価額を算出してみましょう。評価額は、以下の数式で求まります♪評価額 = 路線価 × 時点修正率 × 画地補正率 × 地積路線価・・・土地所有者の中には、坪単価で計算する方が多いですが、固定資産税上は、㎡単価が基準となっています...

さあ、評価額も算出できたので、税額算出の元になる課税標準額に、税率をかければ、税額が出るぞ!!しかしながら、土地については、評価額=課税標準額とはなっていません。このあたりの説明は、「固定資産税の負担調整措置が全然わかりません。」において、詳しく説明しています。さて、課税標準額については、以下の数式...

住宅用地制度とは賦課期日(毎年1月1日)現在、次のいずれかに該当する家屋が土地上に所在する場合、その土地にかかる固定資産税を減額措置する制度です。専用住宅・・・専ら人の居住の用に供する家屋で、その敷地の用に供されている土地で、その上に存在する家屋の総床面積の10倍までの土地併用住宅・・・その一部を人...

農地は、以下のように区分され、それぞれ評価及び課税(負担調整措置等)について、異なる仕組みが採られています。農地の分類一般農地・・・市街化区域農地や転用許可を受けた農地以外の農地市街化区域農地・・・市街化区域内の農地のうち、生産緑地地区のの区域内の農地(一般農地)を除いた農地(おおむね10年以内に宅...

戦後、東京や大阪といった大都市部では、人口の急増とともに宅地開発が進み、地価も上昇してきました。ところが、市街化区域内でも、宅地化から取り残され、農地として営農されているところも、少なからずありました。ところが、市街化区域内にあったことから、年々、税負担が重くなってしまい、以前から、長期営農継続制度...

農業用施設の用に供する宅地は、主に、農機具を入れる農小屋等を指していますが、従来は、宅地と同じ評価方法が採られていました。ところが、市街化調整区域内だと、農小屋の評価額だけが周囲の一般農地と比べて、非常に高くなりすぎるということもあり、農業団体を中心として評価水準の是正要望が、全国的な動きとして出て...

不動産鑑定評価の活用 1980年代後半において、プラザ合意による円高不況を回避するために、大規模な金融緩和が行われました。 その結果、行き場を失った資金は、株式市場や不動産に集まっていき、資産バブルが引き起こされました。 このことは、みなさんご存知かと思います。 そして、この急激な地価高騰の結果、地...

固定資産税は、固定資産の価格、つまり、「適正な時価」を課税標準として課税されます。このため、本来なら毎年評価替えを行い、適正な時価に基づいて、課税されるべきですが、ここで問題となるのが、市町村側の課税コストです。限られた人員の中で、市町村内に所在する固定資産をすべて、1年ごとに評価替えすることは、実...