目的別に記事を探す

土地の固定資産税を節税したい方

固定資産税の節税は、相続税・不動産取得税・登録免許税の節税にもつながります。
道路非課税で、固定資産税を安くしよう!!
実測課税で、固定資産税を安くする!!
土地の地積が登記簿より実測が小さい場合、過去5年間に遡って還付を受けられますか?
店舗兼住宅は、ビフォーアフターのように用途変更で、土地の税金が安くなります。
別画地認定で、側方路線影響加算・二方路線影響加算適用をはずし、固定資産税の減額を狙おう!!
隣地を買い足した場合、固定資産税はどうなりますか?
マイホームを購入する予定の方
持ち家を宅地分譲で購入するなら、計画的に選んで、固定資産税を節税しよう!!
二世帯住宅を建築して固定資産税を節税しよう!
土地所有者(地主)の方
都市部に持っている農地は、耕作を続けるべきでしょうか?
農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?
農地転用して、賃貸住宅を建てたら、税が軽減されます。
土地区画整理事業と固定資産税の関係について
賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由
駐車場は、アスファルト舗装によって固定資産税が増えることがあります。

家屋の固定資産税を節税したい方

新築住宅にかかる固定資産税(家屋)の減額措置
住宅耐震改修に伴う固定資産税減税制度
住宅のバリアフリー改修に伴う固定資産税減税制度
熱損失防止(省エネ)改修に伴う固定資産税減税制度

固定資産税の滞納でお困りの方

固定資産税を滞納した場合の差し押さえについて教えてください。
会社の倒産や自己破産によって、固定資産税は免責になるのですか?
住宅ローンを借り換えて固定資産税の滞納を防ごう!
住宅ローンを滞納し、競売申立になったらどうなるのでしょうか。

遺産相続や相続税の納税でお困りの方

親が亡くなったけど、相続登記した方がいいの?
空き家を所有しているのですが、維持管理に困っています。
【特集】空家等対策の推進に関する特別措置法について
【税制改正】空き家に係る譲渡所得の特別控除の特例について

土地活用を希望される方

賃貸住宅経営のコツは、入居者の視点で考えることです。
土地活用するなら、高齢者住宅を建設すべき3つの理由

不動産の売買を希望される方

マイホーム購入に関する費用について
所得税・住民税による住宅ローン減税について
自己資金による住宅購入等における所得税特別控除について
住宅取得時の贈与税の非課税措置が拡充・延長されます。(2012年税制改正大綱)
家屋の解体費用と必要な手続き(建物滅失登記等)について
家屋を解体したら、土地の税額はどれくらい増えますか?
建替えをする場合は、持ち家は年内につぶした方がいいの?
不動産を売却した時の税金について教えてください。
マイホーム(居住用財産)の譲渡所得の特例について
マイホームを売却して損失が発生した場合の税金について

固定資産税ニュース記事一覧

最近、新聞記事に、東日本大震災のための復興債の償還財源として、固定資産税の税率引き上げを政府が検討していると報道されておりました。今現在の税率は、固定資産税は1.4%です。ちなみに、都市計画税は0.3%です。これを、1割アップさせようというのです。しかしながら、復興のための増税として、固定資産税が出...

庶民だって遺言信託相続に備えて信託銀行に遺言書を預け、死後の財産分配までをまかせる「遺言信託」※の利用が増えている。権利意識の高まりによる相続争いの増加に加え、テレビ番組などで遺言が身近になったことや、高齢化も影響しているという。東日本大震災をきっかけに若年層の関心も高まっている。神奈川の60代の主...

土地の価格は一般的な商品やサービスと違って「定価」がない。公示地価、基準地価、路線価、市場価格-。同じ土地でもさまざま値段の付け方がある。土地を購入したり、相続したりするときには何を目安にすればいいのか。地価の基本を知っておこう。公示地価・基準地価国と都道府県は毎年1回、それぞれ土地の価格を調べて公...

国土交通省は20日、2011年7月1日時点の都道府県地価(基準地価)を発表した。全都道府県の住宅地、商業地が3年連続で下落し、1年前に比べ下落した地点は91.5%に達した。東日本大震災で激しい被害を受けた地点は調査対象から外したが、震災後に関東・東北を中心に取引が落ち込んだことが響いた。特に東京電力...

東京電力福島第一原発が立地する福島県大熊町、双葉町は、同原発の土地・建物、設備について、今年度分の固定資産税を東電に課税する方針を固めた。事故で全住民が避難している両町は、住民や事業者の固定資産税を免除するが、同原発については「営業していないものの復旧作業で使用状態にある」と判断、免除対象から外す。...

国税庁は、1日、東日本大震災による被災地の地価の下落を路線価に反映させる「調整率」を発表した。被災地で土地の相続、贈与を受けた人の税負担を軽くする措置で、被害の程度に応じて地域ごとに算定。津波で甚大な被害を受けた三陸沿岸では、土地の評価額を70~80%引き下げて、福島第一原発の周辺では「ゼロ」とみな...

総務省は8日、市町村が課税する固定資産税と都市計画税について、バブル期の地価高騰に対応して導入した税軽減の特例措置を2012年度から見直すよう、政府税制調査会の全体会合で提案した。地価が下落した現状に特例がそぐわないと判断した。200平方メートル以下の小規模住宅用地に対する固定資産税で、本来の税額の...

固定資産の評価は、地方税法第388条第1項の規定に基づき、総務大臣が定めた固定資産評価基準によるものとされています。そして、先日に、平成24年基準年度向けに、固定資産評価基準の一部改正が行われています。ただし、物議を醸している税制改正とは異なり、評価基準の方は、例年どおりという感じかと思います。<主...

政府は7日、住宅などにかかる固定資産税の負担軽減策について、来年度から一部圧縮する方向で最終調整に入った。住宅地の課税標準額を抑えて税額を減らす特例措置を廃止するのが軸。新築住宅の税額を最長7年間半減する制度も縮小する可能性がある。来年度の固定資産税収は4800億円減と過去最大の落ち込みとなる見通し...

2012年度税制改正法案が可決・成立しました。昨年末の税制改正大綱の内容どおり、住宅用地の負担調整措置について、据置特例が段階的に縮小・廃止される他、新築住宅に係る固定資産税減額措置が2年延長されます。詳細は、下記のとおりとなります。①負担調整措置の見直し(住宅用地のみ)現行の負担調整措置は以下のと...

国土交通省が、2012年1月1日時点の公示地価を発表しました。リーマンショック以後、4年連続の下落となりましたが、東日本大震災の影響も少なく、下落率は2年連続で縮小しました。特に、震災の影響が少なかった西日本を中心に、地価の上昇が目立ち、住宅地では、大阪圏が137地点(前年比135地点増)、名古屋圏...

国税庁が、相続税や贈与税の算定基準となる、2012年度分の路線価を公表しました。価格基準日は、2012年1月1日であり、昨年の東日本大震災の影響を考慮した、初の相続税路線価となります。前年については、価格基準日以後に大震災が起きたため、特例措置として、地価下落分を調整率として適用しましたが、今回は、...

最近、固定資産税課税ミスと過誤納金の還付を、新聞等で見かけますよね。下記の記事は、奈良県下の自治体の対応についての取材記事で、よく調べられておりますので、参考にご紹介いたします。なお、今後は、固定資産税制度の問題点を啓発する上から、このニュースコーナーでも定期的に、自治体の固定資産税課税ミス報道を取...

国土交通省は、2012年7月1日時点の基準地価を、公表しました。今年は、全国22,264地点が調査されました。三大都市圏を中心に、下げ止まりの傾向が強く、地価上昇地点も下記の通り、大幅に増えています。全国的には、リーマンショック以降の急激な地価下落は収まり、また、東日本大震災からの影響も脱して、地価...

民主党政権から自公政権に、政権交代がされて初めての税制改正大綱が、ようやく決定されました。固定資産税については、今年度は、評価替えの途中年度ということもあり、小さな変更となっていますが、少なからず影響が出る部分があるので、よく確認しておいてください。主に、個人の納税義務者で影響が出そうな改正は、以下...

2013年地価公示変動率住宅地商業地今年前年今年前年全国△1.6△2.3△2.1△3.1三大都市圏△0.6△1.3△0.5△1.6首都圏△0.7△1.6△0.5△1.9(東京都)△0.3△1.0△0.4△1.9大阪圏△0.9△1.3△0.5△1.7名古屋圏0.0△0.4△0.3△0.8地方圏△2.5...

東京都世田谷区に設置された人気漫画「サザエさん」の銅像に、都が固定資産税を課した問題が波紋を広げている。所有する商店街が公益性を理由に免除を求めるのに対し、都は課税対象となる宣伝物との立場。街おこしを目的に像やオブジェなどを設置する商店街は少なくない。「地元のシンボルは大丈夫?」。各地の商店街からは...

民間の設備投資を促すため、政府・与党が検討している法律や規制の運用方針案が明らかになった。旅館やホテルなどの耐震性を高めるよう改修を求めるほか、ビルなどは震災時に消火用スプリンクラーがきちんと動くようにする。空き家にも適用されている土地の固定資産税を軽減する措置をとりやめることも検討する。自民、公明...

茂木経済産業大臣は8日の衆議院経済産業委員会で、企業の設備投資をさらに後押しするため、年末の税制改正議論で、企業の生産設備にかかる固定資産税を非課税とする減税措置の導入を目指す考えを示しました。2013年11月8日 NHKニュース引用安倍政権の経済政策「アベノミクス」における、成長戦略の一環として、...

2014年度(平成26年度)の税制改正大綱が決定されました。固定資産税分野については、途中年度ということもあり、小幅な改正にとどまっています。制度の新設、改正は下記のとおりです。既存家屋の耐震改修に伴う固定資産税減額措置(新設)建築物の耐震改修の促進に関する法律の改正に伴い、耐震診断を義務付けられ、...

東京都文京区は2014年度から、新たな空き家対策を導入する。維持管理がされず危険な状態となっている空き家について、所有者の同意を得て無償で取り壊し、跡地を区が無償で借り受ける。所有者にとっては区が借りることで固定資産税がかからなくなるため、区は解体が進みやすくなるとみている。こうした制度は全国的にも...

平成26年地価公示が発表されました。アベノミクスによる低金利効果のおかげで、住宅需要やオフィス需要は盛り上がり、三大都市圏平均では、住宅地・商業地ともに、上昇に転換しています。また、地方圏についても、下落率が縮小しています。平成26年地価公示の詳細はこちらから当サイトアンケート結果平成25年3月から...

ご無沙汰しております。管理人は忙しい身のため、長期更新できておりませんでしたが、久しぶりの最新記事の追加となります。今回は、先日に発表されました平成28年地価公示の情報、及び固定資産税に関する税制改正の動向、そして、平成28年度固定資産税の評価について、詳しく解説しています。平成28年地価公示、地価...

2017年地価公示が公表。住宅地は下げ止まりへ。国土交通省は、3月21日に、2017年地価公示(1月1日時点)を公表しました。まず、住宅地についてですが、住宅地の全国平均は、9年ぶりに下落が止まり、横ばいに転じています。三大都市圏は、前年並みに小幅上昇し、地方4市(札幌市・仙台市・広島市・福岡市)で...