外壁、屋根の修理は優良リフォーム会社で一括見積もりを

初めてのリフォーム、たいていは専門知識もなく、何から手をつければよいかもわからないですよね。

 

目に見える破損が無いなら、特に手を入れる必要なんてないだろう…とも思いがち。

 

でも、今ははっきりとした損害は無くても、実は屋根の一部が剥がれていたり、壁に小さなひび割れが入っていたりするかもしれません。

 

自然災害の多い日本で風雨にさらされ築後10~20年もすれば、傷みは当然出てきます。

 

特に屋根の劣化は、下から見ているだけでは問題はわかりませんし、素人が屋根に上って見るのも危険です。

 

何もせずに放置していると、大雨の日に突然水漏れが起こって大きな被害になったり、台風の時に剥がれた屋根の一部が飛んで他人の家に損害を与えてしまったりすることもあるかもしれません。

 

タウンライフリフォーム 01

 

タウンライフリフォーム 02

 

そうならないためにも、定期的な点検と早め早めの補修をすることが大切です。

 

でも最近、リフォーム詐欺や手抜きリフォーム問題の話題をよく耳にしますよね。

外壁や屋根のリフォームなんて、素人にはよく解らない!
何からやればいい?
誰に依頼するのがいい?

リフォームは、それなりの費用がかかるだけに、不安は大きいですよね。

 

そこで今回は、リフォームの一般的な種類や費用の例などを挙げながら、外壁・屋根リフォームについて詳しく解説したいと思います。

 

 

外壁・屋根リフォームの種類

外壁・屋根のリフォームは、基本的に『塗装』『取り替え』をすることになります。

 

さまざまな外壁・屋根の素材がありますが、いずれにしてもその表面は塗膜で保護されています。

 

しかし、ある程度の時間により経年劣化が起き、『塗装』をし直す必要が出てくるのです。

 

また、劣化が激しく、『塗装』でのリフォームができない場合には、元あるものを撤去して新たに施工することになります。

 

外壁なら「張り替え」、屋根なら「葺き替え」という『取り替え』です。

 

外壁・屋根ともに、素材それぞれに特徴があり、取り替え時期の目安があります。

 

外壁

素材の特徴とリフォーム時期の目安

外壁の素材は、モルタルやサイディングが一般的です。

 

外壁の下地は『塗装』による皮膜で保護されていて、自然環境や経年劣化でこの『塗装』が剥がれ、ひび割れが生じます。

 

被膜である『塗装』に問題が起きると下地にまで影響が及び、柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。

 

外壁に使われている塗装材の耐久性や自然環境によって多少違いはありますが、一般的に、モルタルもサイディングも10年前後で『塗装』する(塗装材を塗り替える)のが理想です。

 

下地に問題がなければ、10年ごとに『塗装』を繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。

 

サイディングの場合、サイディング自体・下地の『張り替え』は25~30年が目安になります。

 

モルタル

セメントと砂を水で練り混ぜた素材を塗装した外壁。安価で優れ、細かく入り組んだ仕上げが可能。ただし、丁寧な技術が必要で、ひび割れ・汚れが起き易い。

 

サイディング

セメント系や金属系素材をボード状にした外壁。軽量で耐水性・耐火性に優れている。

 

タイル

耐水性・耐火性・対候性に優れた外壁の仕上げ材。

 

※タイルの外壁は、一般的に『塗装』『取り替え』は不要とされています。また、その他の材質でも長期的な耐久性が保証されている場合があります。

 

とはいえ、割れたり欠落したりすることもあるので、その場合は補修が必要です。また、タイルを貼り付けた下地に問題が生じる場合もあるので、点検は受けておきましょう。

 

価格.com住宅設備・リフォームHP
出典:価格.com住宅設備・リフォームHP

 

費用の目安

外壁のリフォームの種類と内容は、下記のように分類できます。

コーキング(シーリング)補修 塗装

下地の交換

モルタル

窓枠などのつなぎ目を補修

傷んだ塗膜の補修
クラック(ひび割れ)の補修

サイディングに交換
(重ね張り・張り替え)

サイディング

窓枠・サイディング材などのつなぎ目を補修

傷んだ塗膜の補修

傷んだサイディング材を交換

つなぎ目部分の補修は30万円前後、家全体の塗装で100万円前後、外壁の交換・新調(重ね張り・張り替え)の場合は規模に応じて200万円前後からになります。
それぞれの事例から、費用の目安を見てみましょう。
(例として、延床面積30~45坪、壁面積約100~150平方メートルの2階建て住宅の場合)

 

窓枠と壁のつなぎ目部分補修:20~40万円
材料費 コーキング材など外壁メンテナンス用材料

工事費用に含む

工事費用

足場設置・解体、養生、コーキングメンテナンス一式
(外壁のリフォームでは材料費と工事費用を
一式で計上する場合も多くあります)

30万円

総額 30万円

外壁材のつなぎ目や窓枠周りなど、雨水が浸入しやすい箇所全体のメンテナンスを行う場合の価格帯

 

外壁を塗装(塗り替え):80~150万円
材料費 外壁用塗料

工事費用に含む

工事費用

足場設置・解体、養生
高圧洗浄、下地処理・補修、外壁塗装
付帯工事(軒天・破風板・胴差・水切り・雨樋 各部位塗装)

95万円

総額

95万円

外壁をウレタン系やシリコン系の塗料で塗装した場合の価格帯

 

既存のモルタル外壁にサイディングを重ね張り:130~200万円
材料費 サイディング・下地用材料など 50万円
工事費用

足場設置・解体、養生
下地施工
サイディング本体施工
付帯工事(軒天・破風板・胴差・水切り・雨樋 各部位塗装)

130万円
総額 180万円

「重ね張り」でモルタル壁からサイディングへ変更する場合の価格帯

 

既存モルタルの外壁をサイディングへ張り替え:180~300万円
材料費 サイディング・その他材料 60万円
工事費

足場設置・解体、養生
既存モルタル撤去、防水シート施工
サイディング本体施工
付帯工事(軒天・破風板・胴差・水切り・雨樋 各部位塗装)

170万円
総額 230万円

「張り替え」でモルタル壁からサイディングへ変更する場合の価格帯

 

『費用の目安』の出典:「価格.com住宅設備・リフォーム」HP

 

屋根

素材の特徴とリフォーム時期

戸建て住宅の屋根素材のほとんどが、「スレート」「金属(ガルバリウム鋼板)」「瓦」です。

 

屋根については自然災害の後に特に注意が必要で、今は雨漏りがないからといって問題がないとは限りません。

 

屋根の一部がめくれていたり飛ばされていたりすることはよくあります。

 

それを放置していると、屋根の剥がれた部分から水が浸入し、住宅の躯体部分にまで損害を与えることになるのです。

 

そのため、台風後には、下からの目視で点検するようにしましょう。
(素人が屋根に上って点検や修繕するのは大変危険ですので、止めましょう)

 

スレート素材は20~30年前後、金属素材も20~30年前後(なかには50年)使えると言われています。

 

しかし、ものによっては10年程度で劣化するものもあります。

 

このような低品質の素材の場合、長期に使い続けると屋根全体にダメージがかかっており、部分的に補修してもまた不具合が生じる恐れがあります。

 

瓦の場合、瓦自体は割れない限り使い続けることは可能ですが、風雨にさらされてずれや部分的な欠けが生じます。

 

スレート瓦

セメントスレートの防火性・防湿性に優れた屋根材。化粧スレートと呼ばれ、平板状になっている。

 

カルバリウム鋼板

アルミニウム・亜鉛・シリコンで形成されるアルミ亜鉛合金メッキ鋼板。アルミの耐食性・耐熱性・熱反射性・加工性、亜鉛の犠牲防食機能を併せ持つ屋根材で、外壁にも使われることがある。

 

日本古来の伝統的な屋根材で、耐水性・耐火性・断熱性・耐久性に優れた粘土瓦。

 

屋根の場合、特に問題がなければ、一般的にはだいたい10年ごとに点検・補修し、最終的に25~30年で『葺き替え』をします。

 

費用の目安

屋根のリフォーム費用の目安は、素材と工事内容によって下の事例を参考にしてみてください。

 

約30坪(100㎡)程度の瓦屋根の場合
工事内容 修理・リフォーム費用の相場
瓦屋根の部分修理/差替え 1万円~20万円(枚数による)
瓦屋根の葺き直し 140万円前後
土葺き瓦を乾式瓦に葺き替え 280万円前後
瓦から瓦に葺き替え 250万円前後
瓦から和風金属屋根に葺き替え 210万円前後
瓦から金属屋根(断熱材入り横葺き)に葺き替え 180万円前後
瓦から金属屋根の縦葺きに葺き替え 160万円前後
瓦からスレート(カラーベスト/コロニアル)に葺き替え おすすめしません(※1)

 

約20坪(70㎡)程度のスレート屋根(カラーベスト/コロニアル)の場合

工事内容

修理・リフォーム費用の相場
スレート屋根の部分修理(差し替え含) 1万円~5万円(枚数による)
スレート屋根の棟板金の全面交換 30万円前後
スレート屋根をスレート屋根に葺き替え おすすめしません(※1)
スレート屋根(アスベストなし)を金属屋根に葺き替え 130万円前後
スレート屋根の上に軽い屋根を張るカバー工法 100万円前後

 

約20坪(70㎡)程度の金属屋根(トタン屋根含む)
工事内容 修理・リフォーム費用の相場
金属屋根の部分修理/差し替え できないことが多い(特にトタン屋根)
金属屋根の棟板金の全面交換 20万円前後
金属屋根を金属屋根に葺き替え 130万円前後
上に軽い屋根を張るカバー工法 できないことが多い

 

※1 「リフォーム」でスレートへの葺き替えをする際、メーカー保証が得られないことから、あまりおすすめできません。

 

『費用の目安』の出典:「テイガク」HP

 

工事にかかる諸費用の相場

塗装補修の場合:塗料別の相場目安

塗装補修では、使う塗料によって単価が大幅に違ってきます。

 

外壁
塗料 耐久年数

費用 ※1缶あたり

アクリル 約3~5年 5,000~15,000円
ウレタン 約5~7年 5,000~20,000円
シリコン 約7~10年 15,000~40,000円
ピュアアクリル 約15年~ 50,000~70,000円
フッ素 約15年~ 40,000~100,000円
(変性)無機 約15年~ 50,000~120,000円

 

屋根
塗料 耐久年数 費用 ※1缶あたり
ウレタン 約3~5年 5,000~20,000円
シリコン 約5~7年 15,000~40,000円
フッ素 約7~10年 40,000~100,000円
無機 約10~15年 50,000~120,000円

 

計算式で割り出す、足場代の費用相場

①足場は、住まいから少し離れた場所に設置するため、まずはどのぐらいの大きさの足場をかけるかを調べるために、足場をかける面積(足場架面積)を算出します。
※家の外周に足す8mは、外壁(家)から足場までの距離に相当します。

足場架面積=[家の外周+8m] ×高さ

 

②足場代(㎡単価)と飛散防止ネット(㎡単価)、さらに①で算出した足場架面積から、足場代を算出します。

足場費用=足場架面積×(足場費用/㎡+飛散防止ネット/㎡)

足場代(㎡単価) 600~800円/㎡
飛散防止ネット(㎡単価) 100~200円/㎡

 

工事代(人件費)の相場価格

リフォーム工事代(人件費)の相場価格
『工事にかかる諸費用の相場』の出典:リフォームジャーナルHP

 

以上が、一般的な条件の場合における費用の目安となりますが、足場を組むのが複雑な状況だったり、損傷の程度が激しかったりするなど個別の特殊要因で前後することも考えられます。

 

リフォームしたい内容に応じて、大まかな予算の目安として、参考にしてみてください。

 

外壁・屋根リフォームの流れ

リフォーム依頼までの流れ

では次に、具体的にリフォーム依頼の準備をしましょう。

 

手順1 現状の問題点を確認し、どのようにしたいかの大まかな希望をまとめる

 

「見た目が汚くなってきた」
「外壁の小さなひびが気になる」
「20年近く経っているので、そろそろ全体の補修が必要と思って…」


 

実際に点検してもらって破損個所が見つかる場合もありますが、まずは今ご自身がどのようなリフォームをしたいかを考えましょう。

 

手順2 予算を立てる

この時点では実際「いくらかかるか」はまだ不明ですが、「いくらまで出せるか」を検討し、リフォーム全体にかけられる予算の上限を決めましょう。

 

手順3 リフォーム会社を探す

複数のリフォーム会社に資料請求し、どんなリフォームをしたいのかを相談し、見積もりを取ります。

 

リフォームの手順

リフォームの進め方は、リフォーム会社からスケジュール説明がありますが、大体の流れは以下のとおりです。

 

外壁塗装

外壁塗装フロー

サイディング張り替え

サイディングフロー

屋根葺き替え

屋根葺き替えフロー
出典:LIXILリフォームネットHP

 

工事日程についての注意とおすすめポイント

自然災害が多発している最近の傾向としては人手や材料の不足で、地域によっては、工事そのものが着手されるまで数カ月から1年近く待たなければならない場合があります。

 

そのようなこともあり、損害が出てから慌ててリフォーム会社を探すのではなく、定期的な点検・補修をおすすめしています。

 

また、リフォームの手順をご覧になってお気付きかもしれませんが、外壁と屋根はどちらのリフォームにも「足場」が必要です。

 

足場の組立にもコストと日数はかかるので、同時にリフォームするとコストが抑えられることもあります。

 

足場の必要な高い場所の雨樋の取替えも、同様です。

 

同時に外壁・屋根・雨樋を取替えれば、外観イメージを一新することができます。

 

外壁・屋根リフォームの注意すべきポイント

 

外壁・屋根リフォームを依頼する時、みなさんはどちらのリフォーム会社を利用するでしょう?
住宅建築時の施工会社や近所の工務店に相談する、テレビコマーシャルで見かける有名店に電話してみる、ネットで検索する…など、さまざまな方法があります。
でも、リフォームはそれぞれ専門性が高く、「建築時の施工業者だから安心」「近所の工務店だから安い」とは限りません。

 

利用者としては、「できるだけ良いリフォームをより安く」やりたいところです。
とはいえ、「安かろう悪かろう」では困りますし、実際に、

 

 

・最初は安い見積もりだったのに、その後オプション工事追加で請求額が上がっていった。
・こちらの希望より必要以上に高額なリフォームをすすめられ、つい乗せられて契約してしまった。
・「ついでにやっておく」と無償であるかのように言って追加工事をし、実際にはその分も請求された。
・低品質の素材を使っていた為、すぐに劣化が始まった。


 

など、工事をしてから問題が発生したという話をよく耳にします。

 

正当な理由なく高過ぎたり逆に安過ぎたり、大幅な値引きがある場合も注意が必要です。

 

したがって、下記のような納得できる説明があるかどうかが重要です。

 

・実際にある問題点を明確にして、何をどのようにリフォームすべきか
・具体的に、どの素材を使えばいくらになるか、使う素材によるメリット・デメリット比較
・やった方が良いメリット、やらなくてよい理由、など

 

初めてリフォームする方におすすめのサイト

こちらのタウンライフリフォームのサイトでは、下記の手順でネット依頼すると、リフォームする物件の所在地に対応する複数のリフォーム会社からリフォーム計画書が送られてきます。

 

こんなにいろいろもらえますが、もちろん無料です。

 

タウンライフリフォーム_03

 

タウンライフリフォーム_04

 

リフォームの見積もりは、どちらのリフォーム会社でも依頼すれば出してくれます。
でも、「アイデア・アドバイス」がもらえるのは、こちらのサイト利用ならでは。

 

リフォームした後で「失敗したな~」「あれもやっておけばよかった」などと後悔しないためにも、事前に専門家によるアイデア・アドバイスを参考にできるのがうれしいですね!

 

また、毎月先着で『成功するリフォーム7つの法則』プレゼントがあるのも魅力。

 

しかも、厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社・塗装業者全国300社以上から、ご自身の条件に合った会社を紹介してもらえます。

 

タウンライフリフォーム_05

 

満足度・安心感1位タウンライフリフォーム で、一括見積もりしてみましょう。

 

タウンライフリフォーム_06

 

タウンライフリフォーム外壁・屋根 申込みボタン

 

まとめ

外壁・屋根リフォームは、こまめに補修することが、結局は建物を長持ちさせることにつながります。

 

ひび割れや破損等により水が浸み込んで内部の腐食などが起きてしまうと、修理内容が複雑になりさらに費用がかかるので、特に壊れたところがなくても定期的な点検と早め早めのメンテナンスが大切なのです。

 

そのためにも、安心して任せられるリフォーム会社を探しておくことがポイントです。

 

そろそろ補修が必要だな…と思ったら、信頼できるサイトを使って一括見積もりしてみましょう。

 

 

 

このページの先頭へ戻る