駐車場経営は儲からない?初心者でもできる駐車場シェアリングとは

 

最近、空き家を相続したり、マイカーを手放したりして、住宅などの空きスペースの有効活用に悩んでいる方が多くなっています。

 

そんな中、土地活用としてまず浮かぶのが、駐車場経営

 

賃貸住宅経営よりも敷居が低く、比較的始めやすいので、近所のいたるところに貸し駐車場を見かけます。

でも、駐車場経営って、まずコインパーキングを思い出すけど、初期費用が結構かかるんですよね。
また、月極駐車場も、空車や滞納リスクで利回りが急落するので心配です。

それに、駐車場って空車のままにしておいても、土地や償却資産として、固定資産税が重く課税されるので、放置しておくのもマズイよね。

 

じゃあ、やはり駐車場経営は儲からないので、初心者は止めておいた方がいいのでしょうか?

 

駐車場経営は、初心者でも自宅の空きスペースから始められます!

実は最近、初心者でも駐車場経営がしやすくなってきているんですよね。

 

それが、駐車場ビジネスの大きなリスクである、初期費用や空車などの課題を解決してくれる、駐車場シェアリングサービスの特Pです。

 

駐車場シェアリングサービス 特P イメージ1

 

特Pが安心して始められる4つの理由

0円でスタートできる

従来のような駐車場設備の設置が不要なので、初期費用が発生しません

柔軟な貸出設定

貸出日時や料金を自由に設定できるので、週末の駐車場が空いているときだけ貸し出すことも可能です。

手間いらずの楽々運営

ユーザーは会員制で、駐車場利用料もクレジットカード決済なので、駐車場経営は楽ちんです。

安心・信頼のサポート体制

もし万が一のトラブルが発生しても、24時間コールセンターが問い合わせやトラブル時の対応を行うので安心です。

なお、ユーザーは対物賠償責任保険の加入が義務付けとなっていて、事故時はユーザーの自動車保険でカバーされるので安心です。

特Pで貸し出せる空きスペースの例

  • 自宅のカースペース
  • 時間貸し駐車場の空き時間帯
  • 未契約の月極駐車場
  • 店舗・商業施設の駐車場
  • ビルやオフィスの空きスペース
  • バイクなら駐車できる空きスペース

 

もし上記のようなケースに当てはまれば、特Pに登録すればすぐに収益化することが可能になるので、検討してみてはいかがでしょうか。

 

>>特Pで空きスペースを貸し出してみる

 

 

次に、自宅などの空きスペースを特Pに登録して、実際にどれくらいの収入が得られているのか、利用者の口コミを確認してみましょう。

 

自宅の駐車場に車を停めていなかったので、空きスペースを特Pに登録して、時間貸ししてみました。
歩いて10分ぐらいのところに、野球場があるのですが、貸し出した途端に、野球目的の数名のリピーターが頻繁に借りに来るようになりました。
【収入実績】
貸出車室数:1車室
設定料金:950円/8H(1日3回貸し)
利用回数:46回/1か月
【利用料合計】
94,750円(1か月あたり)

元々、コインパーキングを経営していたのですが、稼働が低かったので、一部を特Pに登録して、時間貸ししてみました。
そうすると、交通量は少ないものの、ネット検索で大量の予約が殺到!
安く借りられるとツイッターで話題になったとのことなので、SNS恐るべしですね。
【収入実績】
貸出車室数:4車室
設定料金:650円/3H(1日数回転)
利用回数:627回/1か月(4車室分)
【利用料合計】
394,150円(1か月あたり)

駅から遠い郊外の住宅街に住んでいますが、自宅空きスペースを試しに特Pに登録してみました。
需要なんてないと思い込んでいたら、1か月で23日間も利用があったので驚いています。
周辺にコインパーキングがないところは、隠れた需要があって狙い目かも。
【収入実績】
貸出車室数:1車室
設定料金:600円/24H
利用回数:23回/1か月
【利用料合計】
13,800円(1か月あたり)

 

※実際に特Pで空きスペースを駐車場として貸し出された方々の個人的な感想です。

 

というわけで、口コミをまとめると、近くに野球場などの施設があるとリピーター利用が増えたり、空車が増えているような場所でもネット検索ですぐに枠が埋まるといった、隠れたニーズをうまく掘り起こして利用料収入を稼いでいるケースが多いようです。

 

それでは、最後に駐車場シェアリングサービス「特P」のお得な情報を確認していきましょう。

特Pのお得な情報

駐車場シェアリングサービス 特P イメージ2

 

駐車場シェアリングサービスの特Pは、設備関係の初期費用も運営費用も0円なので、初心者でも手軽に始められます。

 

また、逆に空きスペースの使用状況に応じて、所有者の判断でいつでも止められるのも良いですね。

 

しかも、同業他社の中でも、業界ナンバー1の売上還元率を宣言しているので、貸出しの利回り的にもかなり魅力的です。

【FPコラム】
土地の固定資産税は一般の住宅の場合、住宅用地として適用されますが、月極やコインパーキングの看板があると、役所の現地調査の結果、駐車場として評価されてしまい、固定資産税が3~4倍に跳ね上がるリスクもあります。
でも、特Pだと、看板がなくても貸し出せるので、固定資産税の節税対策としても有効です。

 

>>特Pで空きスペースを貸し出してみる

 

このページの先頭へ戻る