おもしろ土地活用特集|FPが儲かる土地活用の秘訣を教えます!

近年、親から土地を相続する方が増えてきています。

 

もらって嬉しい不動産ですが、維持管理や税負担が大きいのがデメリット

 

相続時には相続税、所有しておくだけで毎年、固定資産税が課税されます。

 

何も使わなければ、ただキャッシュが流出するだけの負動産になりかねません。

 

土地を代々受け継ぐつもりなら、賢い土地活用術を身に付ける必要がありますよね。

 

では、土地活用っていえば、主に何が考えられますか?

土地活用の定番といえば、賃貸住宅コインパーキング
でも、立地面や土地の形状が悪いと、入居数の低下や空車の増加によって、想定した賃料収入が見込めず、利回りが下がるリスクもあります。

 

せっかく先祖代々受け継いできた土地。

 

賃貸住宅や駐車場以外に、土地の有効活用はできないものなのでしょうか?

 

最近は様々な土地活用プランが出てきてます

実は、最近では様々な面白い土地活用プランが出てきているんです。

 

主だった土地活用例だけで、下記のとおり挙げることができます。

おもしろ土地活用例

  • コンビニ経営
  • 民泊
  • オフィス経営
  • レンタルボックス
  • 高齢者住宅
  • 貸し農園
  • 太陽光発電
  • コインランドリー経営

こんなに多くのおもしろ土地活用例があるんですね。

そうだね。
ちなみに、各土地活用プランを分析してみると、一時、流行ったコンビニ経営や民泊はコロナ禍で低迷。
最近は、感染症対策による在宅時間の長期化によって、オフィス経営やレンタルボックスが人気化しているよ。

 

というわけで今回は、今需要が伸びているレンタルボックスについて詳しく解説いたします。

 

レンタルボックスって何?

レンタルボックス イメージ写真

 

レンタルボックスは、屋外型の収納スペースを貸し出して使用料を受け取るビジネスです。

 

最近は、店舗や事務所などの備品収納や自宅に置き場所がないレジャー用品などの収納によく利用されているようです。

 

レンタルボックスを、賃貸住宅や駐車場と比較してみました。

 

コスト 立地・形状 集客・利回り
レンタルボックス 設備設置費用 制約はほぼなし

・集客は業者委託
・立地にかかわらず需要は強い

賃貸住宅 住宅建築費用

・若年人口が多い地域であることが必要
・整形地で面積が大きいほど有利

・空室リスクあり
・同業との競争が激しい。
・経年劣化で利回りが落ちる。

駐車場 設備設置費用

・定住人口、集客施設があることが必要
・整形地で面積が大きいほど有利

・集客は業者委託
・立地によって、利回りが変動

 

上記比較でわかるように、土地活用をする場合は、いずれも初期費用はある程度かかります。

 

でも、レンタルボックスの場合、土地の立地・形状の制約は少なく、集客面も業者がやってくれるので、メンテナンスなどの手間をかけず、利回りをある程度確保できるのでおすすめです。

 

なお、利回りについては土地の立地や形状によりますが、一般的に、実質利回りは賃貸住宅が10%前後、駐車場が好立地なら20%前後、レンタルボックスが15%前後と言われています。

 

レンタルボックスは加瀬倉庫がおすすめ

加瀬倉庫 レンタルボックス

 

レンタルボックスは賃貸住宅や駐車場と比べて、ややマイナージャンルで手掛けている業者も少ないですが、その中でも、40年の実績を持つのが加瀬倉庫

 

加瀬倉庫の強みは、設備投資不要で、オーナーの土地を一括借り上げして、安定収入を提供できるという点です。

 

また、土地オーナーによっては、既存建物の取り壊しが必要な場合もありますが、解体工事や造成工事についても一括して相談可能なので、安心してレンタルボックス経営を始められそうです。

 

さらに、駐車場の一部にレンタルボックスを設置するなど、利回り向上の相談もできるようなので、レンタルボックスを設置したい場合は加瀬倉庫に依頼してみてはいかがでしょうか。

 

>>加瀬倉庫のレンタルボックスで土地活用してみる

 

【注意点】
※レンタルボックスの出店可能エリアは東京、神奈川、千葉、埼玉だけです。

 

さて、次に加瀬倉庫のレンタルボックスを設置してみたらどんな感じなのか、土地オーナーの口コミを確認してみましょう。

 

気になる口コミは

古い実家を壊してレンタルボックスを設置しました。

 

田舎の古い実家を相続したものの、使い道に困っていたので、加瀬倉庫に相談しました。
レンタルボックスの設置を提案してもらったので、解体造成工事の後、すぐにレンタルボックスを設置してもらいました。
今では、解体造成工事の費用や固定資産税を賄うことができて助かっています。

駐車場の一部にレンタルボックスを設置しました。

 

月極駐車場として経営していましたが、年々収入が減ってきました。
加瀬倉庫に相談したところ、駐車場の半分を借り上げてレンタルボックスを設置してもらいました。
レンタルボックスの賃料が入ってきたので、土地全体の利回りが上がって良かったです。

生産緑地を解除してレンタルボックスを設置しました。

 

親が亡くなって、生産緑地を相続することになりました。
高額な固定資産税を賄うために賃貸住宅も考えましたが、費用やリスクを考えると踏み切れず。
ところが、加瀬倉庫に相談したところ、レンタルボックスの賃料で納税もできてよかったです。

 

※実際に加瀬倉庫のレンタルボックスを設置された土地オーナーの個人的な感想です。

 

というわけで、口コミをまとめると、相続で土地を相続したり駐車場経営がうまくいかなかったりという事情から、加瀬倉庫に相談したところ、レンタルボックスの設置について提案があり、賃料収入のおかげで維持管理経費を賄えているという声が多いですね。

 

それでは、最後に加瀬倉庫のレンタルボックスについて、お得な情報を押さえておきましょう。

押さえておきたいお得な情報

契約期間は5年以上

加瀬倉庫のレンタルボックスを契約する場合は5年以上なので、中長期的な賃料収入が見込めます。

土地の形状が悪くても、小さくても大丈夫

土地の形状が悪くても、50坪~300坪(150㎡~1,000㎡)あれば、レンタルボックスの設置は可能とのことです。(※市街化調整区域などの場合、設置できないことがあります。)

設置管理から集客までお任せ

面倒なレンタルボックスの設置管理は、すべて加瀬倉庫に任せることが可能です。

 

肝心の集客面も、加瀬倉庫がレンタルボックスサイトで情報掲載して、利用者を集客しているので安心ですね。

 

40年の実績を持つ加瀬倉庫だと、オーナーの土地の特徴に合わせて、レンタルボックスを含めた最適な土地活用プランが提案されるのでおすすめです。

 

【FPコラム】
生産緑地は、相続または生産緑地の指定から30年を経過すると、引き続き営農するか買取申し出するかを選択することになります。
営農を継続しない場合、相続税の納税猶予が適用切れになるほか、固定資産税が宅地並み課税され、税負担が急増するリスクがあります。
土地活用を希望するものの、賃貸住宅経営などに不安を感じている場合は、比較的始めやすいレンタルボックスから始めてみてはいかがでしょうか。

 

>>加瀬倉庫のレンタルボックスで土地活用してみる

 

このページの先頭へ戻る