土地の評価調書・評価要領を確認しよう!!

毎年、固定資産税の納税通知書が届いているけど、
これって、どういう風に税額を算定しているのでしょうか。

 

実は、土地所有者の方は、
ご自分が所有する土地の評価調書を見ることができます。

 

評価調書とは、固定資産評価基準に基づき、
作成した調査書類のことを言います。
内容は、所有者情報、地番、地積、地目、価格、
路線価、補正項目など掲載されており、
土地の価格がどのように算出されたかわかります。

 

ただ、評価調書自体は、
数字が羅列しているだけで、
一般の人が見ても、よくわからないと思います。

 

そこで、国が定めた固定資産評価基準と、
各市町村が、国の基準に準拠して独自に作った評価要領を確認しましょう。

 

 

固定資産評価基準は、こちらから↓

 

固定資産評価基準(土地)

 

 

評価要領は、公開されているので、
各市町村の固定資産税課に請求すれば、
閲覧もしくは、写しをもらえると思います。

 

ただ、一般の人が、評価調書や評価要領を請求することは珍しいので、
担当職員は、警戒するかもしれません(笑)。

 

担当職員にとっては、
もし評価が間違えてでもしたら、と戦々恐々としているので、
そういう反応をされるのも仕方がないと思ってください。

 

 

さて、評価調書と評価基準・評価要領が一通り揃えば、
ご自分の土地が、どう評価されているかすぐにわかります。
今後、役所と評価額について、交渉したいのであれば、
しっかりと分析しておくことは大切だと思います。

 

当然、向こうも、
評価調書を請求するような人間だということで、
入念に評価の検証をしていることは認識しておきましょう。

 

 

さて、評価内容の確認ですが、
当サイトを参考にしていただければいいと思いますが、
それでも、ちょっとわかりにくければ、
掲示板もしくは、直接お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

わかる範囲で、お答えさせていただきます。

 

 

2011年8月16日記事作成

このページの先頭へ戻る