農地転用をすると、固定資産税はどれくらい上がりますか?

最近は、生産緑地の2022年問題の影響もあってか、農業の跡継ぎがおらず、終身営農を諦めて、農地転用を考える方が増えてきております。

 

しかしながら、生産緑地の指定を解除する場合、注意が必要なのが固定資産税の課税額が急激に増加してしまう点です。

 

農地転用を考えている場合、税額の変化について注意しておく必要がありますので、土地の利用状況に応じた税額の変化を下記の通りまとめてみましたので、ご確認ください。

 

農地転用 税額変化

 

ご覧になってわかると思いますが、市街化調整区域の一般農地や市街化区域の生産緑地というのは、税制上、非常に優遇されています。

 

これが、農地転用すると、たちまち、路線価による評価となって、高額の固定資産税が請求されることになります。

 

また、特に生産緑地は、相続税の納税猶予がされている場合があるので、生産緑地指定の解除をすると、多額の追徴が発生するので、注意してください。

 

農地転用後の土地活用プラン

上記のように、市街化区域農地を転用する場合、宅地比準評価となって、固定資産税の負担が著しく増えます。

 

このため、税負担を軽減するために、農地転用後の土地活用プランについて検討する必要があります。

 

そこで、当サイトでは、高齢者住宅を建設するプランや駐車場経営するプランに関する解説記事を提供していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

高齢者住宅を建設するプランに関する解説記事はこちらから

 

駐車場を経営するプランに関する解説記事はこちらから

 

また、急に相続して、今後の土地活用についてまだ考えられない方向けに、専門業者から無料でいくつかのプランを提案していただくことも可能です。

 

>>土地活用プランの提案を依頼する

 

 

 

2011年9月15日記事作成
2021年4月17日最新

 

 

このページの先頭へ戻る