隣地の方と境界争いをしているのですが、筆界特定制度を教えてください。

 

隣地の方と境界争いをしていて、
どうしようもないと、途方に暮れている方も多いと思います。

 

確かに、境界が確定しないと、
測量もできないですから、
土地の活用も、処分もできないので、
土地所有者にとっては、死活問題ですね。

 

従来も、境界争いがあった場合は、
筆界確定訴訟を提起して、解決を図ることができたのですが、
訴訟手続きに時間がかかってしまうということもあり、
平成17年に不動産登記法が改正され、
筆界特定制度が設けられました。

 

この筆界特定制度は,筆界特定登記官が、
土地の所有権の登記名義人等の申請により、
申請人等に意見及び資料を提出する機会を与えた上、
外部専門家である筆界調査委員の意見を踏まえて、
筆界の現地における位置を特定する制度です。

 

 

注意が必要なのは、
「当事者間の合意で、筆界が動くことはない」という点です。
あくまで、登記された当時の境界のラインが、どこであったのかということを、
筆界特定登記官が調査の上、明らかにするだけです。

 

そして、当事者が、この筆界特定で合意すれば、
測量も進めることができて、土地の分合筆や地積更正登記も可能になります。

 

一方で、合意できなければ、筆界確定訴訟を改めて提起することになります。

 

実務では、当事者双方から意見を聴取した上で、
過去の航空写真や公図など参照しながら、
筆界特定登記官が1点ずつポイントを確定していくようです。

 

ということで、境界争いを有利に進めたい場合は、
写真や図面など、用意しておくとよいでしょう。

 

(参考サイト)
法務省ホームページ(筆界特定制度)

 

 

2011年10月16日記事作成

 


このページの先頭へ戻る