登記地目が宅地の土地に畑をして10年くらいになります。

固定資産税の地目は現況主義と知り、役所の職員に現地を見に来てもらったところ、「登記の地目を畑にしてください。そうすれば来年から畑課税にします」と、言われてしまいました。

現況は誰がどう見ても畑なのに何故かと聞くと、「登記が宅地のままだと畑をやめたらすぐに宅地になる可能性があるから」とのことでした。

そういうものなのでしょうか?

ちなみに当方は農家ではなく、家庭で消費する分だけ野菜を耕作していますが、庭によくある家庭菜園的なものではなく、土地のほぼ全面に耕作しています。

土地評価は現況が原則

ご指摘のとおり、固定資産税上の課税地目は、現況主義であります。

したがって、現況が変われば、当然課税地目は、変更されるべきであり、実務上もそういった取り扱いがされています。

そして、農地というのも当然、現況主義で地目認定されるのですが、一方で、農地というのは、勝手に転用してはいけないという、農地法の制限がかかっています。

これによって、土地利用に制限を加えられ、代償措置として、固定資産税上も宅地よりも安い評価額となっており、課税標準額の算出においても、特定市街化区域農地では、課税標準額を評価額の1/3に引き下げる措置が講じられています。

以上のとおり、農地には、課税上の優遇措置が講じられている以上、実務上、簡単に農地評価を入れられないという、背景事情があるわけですね。

(宅地上の家庭菜園が宅地扱いとなるのは、上記のような理由があるからです。つまり、容易に現況変更できる状況にあるという意味です。)

その結果、多くの市町村では、農地法上の農地であることを条件として、農地評価を入れているのです。

そして、この農地法上の農地は、登記地目も農地であることから、役所の職員も、登記地目の変更を求めたのではないでしょうか。

課税地目を農地にしてもらえる?

したがって、課税地目を農地に変更するには、現況を変えるのはもちろんですが、登記地目を所管する法務局のほかに、農業委員会とも十分に調整し、登記地目を農地に変更し、かつ農業委員会が認める農地法上の農地(すなわち、農地転用前の農地)に変更することが必要かと思います。

なお、上記の取扱いは、各市町村によって異なることがあります。

また、実際に、宅地から農地に変更できるかは、必ず、当該法務局や農業委員会に問い合わせてみてください。

まとめ

今回は「登記地目が宅地でも、現況が農地ならば、農地に地目変更できる?」について解説しました。

固定資産税の土地評価については、現況主義が原則とされ、節税目的で宅地の中で畑を耕していてもなかなか畑で評価してもらえないのが実情です。

むしろ、節税より副業目的で、役所に分からないように、駐車場貸しをした方が賢いですよ。

以下の記事では「初心者でもできる駐車場シェアリング」について解説していますので、節税や副業に関心がある方はこちらの記事も併せて読んでみてください。

駐車場経営は儲からない?初心者でもできる駐車場シェアリングとは

また、最近は台風やゲリラ豪雨などの自然災害も増えていますが、火災保険を掛けっぱなしになっていませんか?

当ブログでは、必要な保障を確保しつつ、費用を抑えることができる、「火災保険の一括見積サービス」についても詳しく解説していますので、「住宅などの不動産に関する費用を節約したい!」という方は、こちらもぜひご検討ください。

火災保険を賢く選ぶ3つのポイント|FPがおすすめする火災保険とは