通常、家屋を建築すれば、登記することがほとんどですが、中には、未登記で家屋を建てたり、増築したりと、家屋の課税が適正に行われていないことがあります。

 

しかし、だからといって、役所の方は、そのことを把握していないかと言うと、それは、甘い考えと言わざるをえません。

というのも、多くの市町村が、航測会社に業務委託して、毎年1月に航空写真を撮っているので家屋の増改築は、しっかりと把握しているからです。

 

したがって、こっそり家屋を新増築して、脱税まがいなことをしていると、あとあと、役所にバレて、過去に遡って、追徴課税されることもあります。

 

納税することは国民の義務ですし、土地の住宅用地特例が効く場合もありますので、未登記の場合は、役所にきっちり申告することが無難でしょう。