最近は、生産緑地の2022年問題の影響もあってか、農業の跡継ぎがおらず、終身営農を諦めて、農地転用を考える方が増えてきております。

しかしながら、生産緑地の指定を解除する場合、注意が必要なのが固定資産税の課税額が急激に増加してしまう点です。

農地転用を考えている場合、税額の変化について注意しておく必要がありますので、土地の利用状況に応じた税額の変化を下記の通りまとめてみましたので、ご確認ください。

農地転用 税額変化

ご覧になってわかると思いますが、市街化調整区域の一般農地や市街化区域の生産緑地というのは、税制上、非常に優遇されています。

これが、農地転用すると、たちまち、路線価による評価となって、高額の固定資産税が請求されることになります。

また、特に生産緑地は、相続税の納税猶予がされている場合があるので、生産緑地指定の解除をすると、多額の追徴が発生するので、注意してください。

農地転用後の土地はどうする?

上記のように、市街化区域農地を転用する場合、宅地比準評価となって、固定資産税の負担が著しく増えます。

このため、税負担を軽減するために、農地転用後の土地活用や処分についても検討する必要があります。

ただ、相続などで突然、不動産を保有することになった方にとっては土地活用のハードルは高く、当ブログでは不動産の売却をおすすめしています。

不動産の売却では、迅速かつ少しでも高く売却するために、一括査定サービスを利用するのが有利なので、下記の一括査定サイトを検討してみてください。

【ズバット不動産売却】不動産の売却一括査定依頼サービス

また、遺産分割協議などの理由で、しばらくの間は土地を動かせない場合は、機械設備など導入せずとも、一時的な形で駐車場貸しすることは可能です。

以下の記事では「初心者でもできる駐車場シェアリング」について解説していますので、こちらの記事も併せて読んでみてください。

駐車場経営は儲からない?初心者でもできる駐車場シェアリングとは