土地の地番と住居表示を混同される方は、非常に多いですね。

 

そもそも住居表示って何でしょうか?

 

住居表示とは、住居表示に関する法律に基づく、住所の表し方を言います。

 

元々、住所は町名番地で表され、この番地には、土地の地番が使われていました。

 

しかしながら、人口急増、土地利用の複雑化によって、地番表示と現実の住所地が一致せず、行政事務、郵便配達などに支障が出てきたため、合理的に、住所に番号を振ることになりました。

上図をご覧いただくと、例えば、地番100-3と100-4にまたがって、家が建っていたところには、新しく10-14という住居表示が振られています。

 

これで、郵便物もちゃんと届きます。

 

一方で、地番100-2の場合だと、まず、100-2に対応する住居表示として、10-11が振られています。

 

しかしながら、その後、大きなお屋敷が取り壊され、土地が3つに分筆され、分譲されることになりました。

 

この場合は、住居表示は、100-6、100-7の地番に新たに振られることになるでしょう。

 

このように、地番と住居表示というのは、区画整理や新規分譲では、きれいに、1対1で対応しますが、古い地区では、1つの大きな土地に、多数の借地人がそれぞれ家を建てているケースなど、住居表示が複数あることもあります。

 

また、複数の土地にまたがって、家屋が建っているケースもあります。

 

したがって、地番と住居表示は、必ずしも一致するものではありません。

 

その他の注意点として、住居表示は、家屋が建っているから、振られているのであって、駐車場などには、振られていません。

 

そのような場合のほか、住居表示が実施されていない地域では、地番で場所を特定することになるでしょう。