外壁塗装は本当に必要ない?新築10年経った住宅が直面する問題とは

夢のマイホームを建てて早10年が経過。
最近は、水回り関係で給湯器が突然動かなくなったり・・
あと、新築時のハウスメーカーが10年点検に来てました。
そろそろ、外壁や屋根の塗装をした方が良いと・・。
どうするべきか悩んでいます。

実はピカピカだったマイホームも、当然ですが、経年劣化していきます。

 

でも、内装や水回りは普段から使ってるので、劣化するのがすぐわかります。

 

一方で、外壁や屋根って一見するとそんな劣化しているように見えないんですが、放置していたらどうなるんでしょうか?

 

実は、外壁や屋根は静かに劣化していきます。

ハウスメーカーによる10年点検では、外壁や屋根の劣化について指摘されることが多いですが、決して営業トークではなく、実際に経年劣化してきているのです。

 

具体的に、経年劣化してきた家の写真を確認してみましょう。

 

外壁の劣化

外壁劣化の様子

 

日本のほとんどの家は、外壁はモルタルかサイディング材が使われています。

 

ただ、時間の経過とともに塗装の膜が劣化していき、家を太陽光や雨風などから保護してくれる機能が低下していきます。

 

また、上の図の写真のように、シーリングの劣化もだんだんと目立ってきます。

 

もちろんこの程度では、裏側の防水シートがカバーしてくれますが、防水シート自体も湿気で劣化していきますので、いずれは雨水が家の内部に侵入してきて、雨漏りの原因となってしまいます。

 

したがって、外壁は、新築後10年経過が塗り替えをする目安となるわけです。

 

屋根の劣化

屋根劣化の様子

 

また、屋根についても、最近の家で多く使われているスレート屋根も頑丈そうですが、10年近くも太陽光や雨風に晒され続けると、塗装が剥げ落ちるなどの劣化が目立ってくるのです。

 

ただ、屋根材については、セメント瓦やガルバリウム鋼板など耐用年数が長いものもあり、すぐに塗り替える必要はないと考えがちですが、ここで重視すべきはリフォーム費用の内訳です。

 

実は、外壁や屋根の塗装費用のほとんどは、足場代と職人の人件費なのです。

 

したがって、外壁塗装時に足場を組むんだったら、屋根の塗装も一括でやってしまった方が全体の経費は抑えられるという点は覚えておきましょう。

 

さて、新築から10年が経過したら、外壁や屋根の塗装が必要になってくることがおわかりいただけたかと思います。

 

ただ、ここから具体的に、どこの業者に頼むかという問題があるので、次に解説していきます。

 

リフォームが成功するかは、業者選びで決まります!

実は、リフォームの成否は業者選びで決まります。

 

というのも、リフォーム業というのは開業するための資格が特に求められていないので、新規参入が非常に多く、競争が激化しているからです。

 

また、工事内容が専門的である一方で、依頼する側の判断能力が乏しいことから、法外な工事費用を請求したり、手抜き工事をしたりする悪徳業者が後を絶ちません。

実際、国民生活センターに寄せられた訪問販売によるリフォーム工事の相談件数は、2020年は8,160件となっており、リフォーム被害は深刻化しています。
(3年前と比べて、約1.3倍に増加!

したがって、業者選びは慎重かつ賢く行う必要があるわけです。

 

そこで、FPとしておすすめするのがタウンライフリフォームです。

 

タウンライフリフォーム イメージ画像

 

タウンライフリフォームの良いところは、家に居ながらにして現地調査前に、オンラインを通じて、無料で一括見積もりの提案を受けられるところです。

コロナ禍で、できるかぎり対面相談を控えたい方にもおすすめですね。

さらに、見積申し込みできる地域は、全国どこでも可能です。

 

しかも、タウンライフリフォームが、信頼あるリフォーム会社・塗装業者全国300社以上の中から紹介してくれるので、悪徳リフォーム会社に引っかかる心配もありません。

 

また、リフォーム内容については、専門家ならではのアイデアやアドバイスも提案してもらえるので、安心してリフォームを進めることができます。

 

タウンライフリフォーム 3冠達成

 

リフォーム申込みサイトはたくさんありますが、タウンライフリフォームは利用者満足度も高く、リフォーム部門3冠を達成しているのはすごいですね。

 

気になる利用方法は?

タウンライフリフォームの利用方法はとても簡単です。

タウンライフリフォーム 利用方法

 

下記のリンクからタウンライフリフォーム のサイトに移り、希望地域・希望箇所を選択して、依頼内容を記入したあと、依頼希望会社を選択すれば、依頼完了です。

 

入力項目はやや多いのですが、オンラインで一括見積依頼するために必要ですので、ご理解のほどよろしくお願いします。

 

>>タウンライフで外壁・屋根塗装の無料見積もりを申し込む

 

 

さて、次に実際にタウンライフリフォームで外壁や屋根のリフォームをされた方の口コミをご紹介します。

気になる口コミは

30代男性(東京都新宿区)

 

タウンライフリフォームで申し込んだおかげで、外壁の塗り替えリフォームの具体的なアイデアをいただけました。
また、一括見積依頼してたくさん提案が来て選ぶのに困りましたが、こちらの希望通りの提案をしてくれた会社を選んで良かったです。

40代男性(群馬県前橋市)

 

タウンライフリフォームは、気軽に相談できるとのことだったので何度も相談しました。
あと、オンラインで申し込んだおかげで、複数社に同じことを伝える面倒さもなく、提案内容を一括比較して業者選びができました。

30代女性(神奈川県川崎市)

 

一括申し込み後にリフォーム業者が現地調査に来ました。
少し不安でしたが、現地調査後、具体的にリフォームプランが固まり、とても素敵な外観となりました。

※実際にタウンライフリフォームで外壁塗装などを行った方々の個人的な感想です。

 

口コミをまとめると、タウンライフリフォームでは気軽に相談を受けることができるので、リフォームプランを固めるのに役立った意見や、オンラインでの一括申し込みによって、複数社の提案を比較できるメリットなどがあるようですね。

 

 

それでは最後に、タウンライフリフォームで無料オンライン一括見積りを依頼した場合のお得な情報を押さえておきましょう!

押さえておきたいお得な情報

タウンライフリフォーム お買い得情報

 

実は、タウンライフリフォームで無料オンライン一括見積りを申し込むと、毎月先着99名様に無料で、「成功するリフォーム7つの法則」がプレゼントされますので、リフォームを実際に始める前にしっかり勉強しておきましょう。

 

さらに今なら、タウンライフリフォームで無料オンライン一括見積りを申し込まれた方全員に、1,000円分のクオカードもプレゼントされます。(※工事契約後1か月以内に、タウンライフ運営事務局まで連絡が必要)

 

いずれの特典も早く申し込んだ方が確実にもらえるので、外壁・屋根の塗り替えリフォームを検討されている方はお早めにどうぞ!

【FPコラム】
外壁・屋根塗装は、建築後10年点検と同時に行うことが多いです。
戸建てを新築したFPの私も同じ経験があるのですが、ハウスメーカーの場合だと最初の10年間は住宅瑕疵担保責任で無料保証してくれます。
ただし、それ以後の長期保証は、実は外壁・屋根リフォーム等の改修工事と抱き合わせた有償保証となっている場合が多いため、ハウスメーカーの言い値でリフォームせざるを得ない状況なのです。
でも、有償の保証を得たいがために、割高なリフォームをする必要性は全然ないと思いますので、もし、リフォーム費用が高くて困っている場合は、一度、タウンライフリフォームで比較見積もりしてみることをおすすめします。

 

>>タウンライフで外壁・屋根塗装の無料見積もりを申し込む

 

このページの先頭へ戻る